【京都宇治】吊り足場・素屋根・特殊足場組立・社寺仮設工事・移動式足場・とび工事一式ならおまかせください。

信念・熱意

  • HOME »
  • 信念・熱意

司組代表 岡田晋司の足場に対しての信念、熱意。

信念、熱意 第一

208140
まず第一に、第三者に迷惑がかからぬよう材料の搬入時のカラーコーンの設置、区画の明示、
近隣に対しての挨拶や気配りまで、仕事をさせていただいてるという気持ちを作業員全員に日頃から心がけるよう指導しています。
もちろんお客様の建物や庭、塀、車や床タイル等に対しても細心の注意を払って作業する事を徹底しております。
足や手をついてはならない物、傷を付けてはならない物は必ず養生し、作業員同士声の掛け合い作業するよう徹底しております。

信念、熱意 第二

208145
第二に、作業をされる方の作業のしやすさ(作業床の高さ)並びに安全性を一番に考えます。
足場と言っても、作業される方の足場に乗ってる時間が長ければ長いほど体の体勢に影響してきます。
体勢が悪いということは疲労や仕事に対しての集中力が欠けやすくなるのです。
集中力が欠けると普段なら出来るいい仕事が出来ずにお客様に迷惑をかけたり、足元の物を落下させたり、最悪の場合は墜落事故につながるなどの影響を及ぼします。
ですから足場の組み立て作業、これは足場を組むにあたって一番技術や腕前の差、
独自のこだわりを持って仕事に取り組む組か、質とゆう所がわかる部分だと思います。
上記(第二)に記載した内容は代表である私がこの業界で今まで貫いてきた信念です。
なかなかお客様や元請け様には伝わらない内容ですが、
仕事される方が仕事しやすい足場ということは、なんらかの形で時間をかけて伝わっていく事だと信じております。

信念、熱意 第三

208216
第三は、ほとんどの足場とゆうものは養生シートと言って埃やゴミが外部に落ちないよう張るものですがこれも、
綺麗に張る=キチッとした足場=第三者(お客様など)からの元請け様への印象、信用につながると信じております。
シートをキチッと張るとゆうことは下地(足場の骨組)がキチッと組めているかそこに尽きてきます。
骨組をキチッと組むにはやはり熟練された経験、職人の腕、器用さ、こだわりなどが必要とされます。
司組では誰が見ても綺麗に組めている足場とわかるように、独自のこだわりを忘れないよう日々取り組んでおります。

お気軽にお問い合わせください TEL 0774-79-0064 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 司組 All Rights Reserved.